上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラジリアンロングスナウトとカリビアンロングスナウトの混泳を試みていたさかな水槽。
2匹はセパレーターで区切られた水槽内で、別々に暮らす日々が続いてました。

DSC08458a.jpg

セパレーターがないと、スゴイ喧嘩が始まります。ブラジルが強いです。
最初はセパレーター越しに激しく威嚇しあうことが多かったのですが、
その回数がだんだんと少なくなっていき、
1ヶ月後にはお互いを気にしないような雰囲気が漂い始めました。

期待を持ってセパレーターを外してみました。
注意深く観察していましたが、それほど激しい喧嘩にはなりませんでした。
それから数時間後に水槽をのぞいてみると、カリビアンがめっちゃボロボロになってました。

そして再度セパレーター設置・・・

こんな事を3~4回繰り返しました。
鏡を使ったり、レイアウトや水流をいじってみたりもしてみました。
でも全然うまくいかない。
ブラジリアンの背ビレにカリビアンのものと思われるウロコが突き刺さってて、
カリビアンが出血してたり・・・これには心が折れました。

1年以上飼育しているカリビアンの方が、ブラジリアンよりも愛着があります。
なので、ブラジリアンロングスナウトは隣の連結水槽(300*300*450)へ移動しました。

隔離。
DSC08519a.jpg

平和な日々を送るカリビアン。
DSC08549c.jpg

ンッン~♪
DSC08545a.jpg

全体。
DSC08513a.jpg

カリビアンロングスナウトとブラジリアンロングスナウトの混泳は、
管理人のスキルが無いので、今のところあきらめてます。
みんな粒餌をよく食べているので、このままの飼育で維持できればと思います。
カリビアンに健康面で心配な点があるので、また今度記事にしようと思います。

今後のさかな水槽ですが、あと1~2匹ぐらいの追加を考えています。
カリビアンフレームバックかチェルブは決定。
ロックビューティーやスパニッシュホグも気になるなぁ・・・と、妄想が膨らみます。
大好きなスギアヤも入れたいけど、今まで2回死なせているし、
うまくいったとしても先住のバンデッドバタフライとの兼ね合いがコワイ。

さかなの飼育や混泳は、難しいけど楽しい。



スポンサーサイト
バンデッドバタフライを買いました。
すごく欲しかったさかなです。
しかもショップで1ヶ月近く在庫されていて、
アサリもよく食べていたヤツ!

うおぉふぅ。。。
DSC08430a.jpg

たまらん。
肉付きが良かったので、トリートメントは全換水で1週間。
一緒に写っているブラジリアンロングスナウトの時もこの方法でした。
一応トリタンもあるけど、こっちのトリートメントのほうが好きです。

入海当初はアサリしか食べませんでしたが、
今はアサリ2割、粒餌8割ぐらいの練り餌を食べてます。
ブラジリアンロングスナウトと同じ餌です。
給餌がラクになってうれしい。

カリビアンロングスナウトの方は、
最近やっとシュアーを食べるようになりました。
苦節1年・・・
時々粒餌を与えていたけど全然食べてくれなかったのが、
最近急に食べ始めました。
まだヘタクソですが、必死についばんでます。

さかな水槽。
DSC08458a.jpg

バンデッドが投入後間もなく調子を崩しました。
アサリを食べなくなったのでかなり焦ったけど、
GFGで治った・・・かな?
今は大丈夫そうです。

カリビアンとブラジリアンが喧嘩をするのでセパレーター設置してます。
セパレーター越しに威嚇しあう時間や回数が減ってきているので、
そろそろ2度目の混泳に挑戦してみようと思ってます。



練り餌はかなり水を汚しそうなので、
水質のことを考えるとスキマーを設置したくなり、ダルマを買いました。
DSC08442.jpg

前回紹介したアマモ水槽を設置する予定だった場所に、
手持ちの300Hの水槽をサイドフローで連結し、
そこにダルマを設置しました。
DSC08449.jpg
混泳や新入りの餌付けのコトを考えると、
メインと連結した隔離槽があれば便利だなぁと思っていたので、
ちょうど良かったです。

この水槽の照明は、LEDで自作したものを使っています。
DSC08410.jpg

蛍光灯より軽くて邪魔にならないのが良いです。



ブラジリアンロングスナウトを通販で買いました。
今回は、トリートメントタンクを使用せず、
MA誌61にあった、全換水によるトリートメントを6日間やりました。
その間に淡水浴を1回しました。

投入。
DSC08241.jpg

先住のカリビアンロングスナウトと、セパレーター越しに喧々やってます。
セパレーターがあるのにヒヤヒヤします。
ブラジリアンの方がすこし大きいです。

当分このままだなぁと思っていた矢先に・・・
aaa

隙間はなかったけど・・・ジャンプしたか?
いちおう1週間の面会を経ているので、セパレーターを外してみることにしました。
1対1よりイイかなと思って、別水槽で待機してたハーレクインも合流。

食事。
DSC08261a.jpg

喧嘩。
DSC08293a.jpg

最初の2日はお互い張り合っていたのですが、
3日目からカリブが優勢になっていきました。
4日目にはブラジルがかわいそうな感じになったので、
再度セパレーターを設置しました。

ブラジルには城がなかったのでつくりました。
DSC08295.jpg

DSC08310a.jpg

セパレーターを外したら真ん中にも岩を置いて、
レイアウトをもっと複雑にしてみようと思います。

あと、ちぇるぶっちゃんも入れたいです。

余談ですが、自作上部フィルターに新たな機能が(笑)
DSC08311a.jpg

エアポンプが弱いので、汚れは取れません。
エアレーションです。
外部フィルターと底面フィルターがあるので。




5ヶ月ぶりにブログを更新します。

新しいさかな水槽をやっとセットしました。
DSC08146a.jpg

水槽設置のためのスペース作りが大変でした。
今まで仕事机を置いていた場所に新水槽を設置し、
別の部屋にロフトベッドを作って、その下に仕事机を移動しました。
新水槽を設置するまでに色々な作業をしないといけなかったし、
お金も必要だったので、ここにくるまでとても時間がかかりました。

ちなみに、自作のロフトベッドはぐらぐら揺れるので、怖くて寝れません。
現在補強のための木材を注文してます。
DSC08161a.jpg
家の中はまだメチャクチャになってますが、仕事のスペースは確保してます。
はやく片付けたい。


新さかな水槽の上と下です。
DSC08152a.jpg DSC08141a_20120517113636.jpg
底面フィルターやってます。
底に塩ビパイプを這わせて、全体からユルユル噴出すように調整してます。
噴出しで大丈夫かな?普通は逆なんだけど・・・

クーラーはZR130Eを買いました。
エーハイムの外部にはバイコムバフィーが3本と、還元濾過ボックスが入ってます。
この外部フィルターは電源を入れてません。
ポンプはエーハイムのコンパクト2000で、
クーラーと、外部フィルター+殺菌灯への2分岐にしてます。
殺菌灯を経由した水が、底面フィルターから噴出すようになってます。

自作上部フィルターには、パワーハウスが10L入ってます。
DSC08147a.jpg
このろ材は、旧さかな水槽とサンゴ水槽に3ヶ月以上浸けていたので、
そこそこ仕上がってると思います。
本来の上部フィルター用の吸い込み、吐き出し口以外に、
メインポンプへの吸出し口を1つと、吐き出し口を2つ組み込んでます。
水槽の外観がスッキリするし、
フタがピシッと閉まるので塩だれ防止になると思います。


もうすぐ終了の旧さかな水槽と、意味不明の水槽(右)。
DSC08154a.jpg
右の水槽には、モエギハゼが入ってましたが、行方不明になって3ヶ月が経ちます。
約3年の付き合いでした。最高のちびハゼでした。
その後、水槽がさみしいのでカクレを入れてました。

カリビアンロングスナウトは、来月で1年の飼育になります。
DSC08157a.jpg
もうすぐ引越し♪


さかな水槽のカリビアンロングスナウトです。
DSC08016.jpg

アサリとシュアーのミンチを食べさせてるようになって約1ヶ月。
背肉が付いてきて良い感じになってきました。
最近、底面に映った自分の姿に喧嘩を売るようになりました。
なぜ?


現在、ウチにはトリタンが2個あります。
それぞれに、スギアヤとスポットフィンBが1匹ずつ入ってます。
2匹とも粒餌をよく食べてくれます。
コイツ達をカリビアンのいるさかな水槽に移すことになるわけですが、
そうなると、水槽がちょっと狭いように感じます。

現在のさかな水槽は、60×30×45センチのサイドを仕切って濾過一体型にしています。
飼育スペースは約47×30×45センチです。
kr4_20081017153938.jpg

チョウチョウウオメインだし、
もう少しデカイ水槽で設備も充実させたい・・・
ということで、
押入れにぶち込んでた60×45×45のガラス水槽を引っ張り出してきました。

とにかく安く仕上げたい・・・でも出来るだけ濾過容量も稼ぎたい・・・と、
考えに考え、悩みぬき、めんどくさくなって放置・・・これではいけないと、
とりあえず水槽台を作りました。

DSC08018.jpg

なぜか90㎝用。
隣には45×30×45㎝の水槽を置くと思います。
それにしても、油性ニスを綺麗に塗るのはとても難しい・・・
画像では分かりにくいですが、途中からヤケになって仕上がりはサイアク。

上にのってる60ワイド水槽はオーバーフローではないので、
濾過は上部フィルター+底面か外部になる予定です。
デカめの上部フィルターはお高いので自作します。

自作でもそれなりにお金はかかるなぁ・・・と感じます。
きちんと計算してませんが、
水槽台はネジとか塗料、天板・底板も含めて多分1万円以上・・・
60×20×25(H)センチの上部フィルターの材料費で約8000円・・・
買うより安いけど、やっぱり高い。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。