上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの水槽に出現しているチビケヤリたちです。

無題-24bitカラー-03
コイツは1センチぐらい。全部で3匹確認。まぁまぁキレイ。

無題-24bitカラー-02
コイツはキレイ。5ミリ。

kr7.jpg
コイツはいちばん好きなヤツ。1.5センチ。

無題-24bitカラー-01
コイツはキレイじゃないけどデカイ。3センチぐらい。

kr5.jpg
コイツはウミアザミの土台から次々と出現。数えると10匹いました。やめてほしい。

無題-24bitカラー-04
こいつは・・・5ミリ。

snap_kumozaru123_20089403429.jpg
???。

ケヤリについてちょっと調べてみました。

ケヤリムシは多毛類に属するゴカイの仲間。
体から分泌液を出して泥やらナニやらを固めた管(棲管:せいかん)に住むものや、イシサンゴに穴を開けて住むものがいるようです。ライブロックから出現するチビケヤリたちは、ライブロックの小さな穴を利用して住んでいるように見えます。
その管や穴から出たり引っ込んだりしているのは鰓冠(さいかん)と呼ばれ、我々が目にするのはこの部分。キレイだけど、その奥にはニュルニュルが・・・。
鰓冠には捕食と呼吸の役割があるらしく、食べているのは有機懸濁物質。コウキケヤリやイバラカンザシ等を小さな水槽で長期維持する場合は、液体フードを与えるのが良いらしい。
この鰓冠には「点眼」と呼ばれる受光容器と太い神経があり、他の生物の気配(影)を感じると素早く棲管に引っ込むことが出来るのだそうです。
ちなみにケヤリムシの「ケヤリ」とは、大名行列の先頭で振られていた「毛槍」に形が似ていることから。

以上、我が家のチビケヤリでした。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。