上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.11 安い交換球
現在のサンゴ水槽の照明は、スーパークール・アクアブルーWが1個と、興和システムのクリップ式ライトが2個です。クリップ式の球はBB450と、ビバリアのスパイラルランプ21W・6500ケルビンです。
このスパイラル球は2000円なので、興和システムの交換球に比べるとスゴク安いです。
以前使用していた興和の17000Kは、交換球高いし、まだ点くし・・・で、ズルズルと3年も使ってました。

ホームセンターでこのスパイラル球を買ってきて、興和の灯具に付けようとしたら、付かない。球がデカくて、灯具に突っかえてソケットまでとどかない(汗)。
左が純正品です。
DSC01044.jpg

せっかく買ったし、いい加減球も交換したかったので、灯具のソケット部を開口部に向かって移動させる改造をしました。と言っても、付属の金具を切断して、灯具に穴を開けるだけなので、電気の知識が無くても安心できる範囲内です。配線とかコワくて触れません。
tex.jpg

完成。
DSC01043.jpg

興和の灯具は内側が鏡面みたいになっているので、コレにスパイラル球を使えばけっこう強い光が出ます。
比較的小さめのレフジウム水槽の照明なんかには良いと思います。色温度も6500Kだし。
もちろん純正品があれば、それに越したことはないけど、高いし・・・

気になるのは球の寿命。興和の交換球に比べて、このスパイラルランプの寿命が半分とかだったら
ガッカリですが・・・。

サンゴ水槽の照明は、SCアクアブルーとBB450だけでは青過ぎるように感じるのですが、
このランプを足すと、自分的にはイイ感じの色になってます。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。