上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モエギ投入3日目。

ヤバイヨ・・・ヤバイヨヤバイヨ

オバケダヨ・・・(?)

kr.jpg
(ゲゲゲの・・・)


モエギハゼ属の「タイニーダートゴビー」を飼育されてる方のブログを読むと、
飼育は難しいらしい。
とくに最初はなかなか環境に慣れず、
隠れた状態から出てくる様になるまで1~2週間かかってるみたい。
さらに、水合わせの段階でハラハラと死んでしまったり、
導入時に手で掬ったら気絶しちゃったり・・・とにかく「怖がり」らしい。
やはり他の魚同様、初期の生体の状態が肝心とのこと・・・

ってことで、まだ生きているコトを願って・・・
dn.jpg

かこい。
水槽の周りを黒で囲むと魚が落ち着きやすい・・・
って、たくさんのチョウチョウウオを飼っている方のブログで読んだので。

あと注意点は・・・水槽に振動を与えないとか
消灯時にペンライトで気配をさぐらない(ついやってしまいます)
とかかな・・・

2週間も出てこなかったら、餓死するんじゃないのかな・・・
水合わせのときお腹膨らんでなかったし。
水槽にいるムシたちを食べてくれればいいけど、食べないかもしれない。

乾燥餌とか冷凍餌とかブラインとか、ちょくちょくあげてみよ。

そしてここから様子をうかがう!
1_20081120202355.jpg

あとはもう知らん!


スポンサーサイト
モエギ投入2日目。

イナイ・・・。見えないぞ・・・。
昨日は尻尾の先っちょだけ見えてたのに、
今日は何んにも見えない・・・。

照明はブルー蛍光球のみの状態。
bb.jpg

気配すらない。

まさかこのまま・・・

それはあんまりぢゃ


ダイバーさん達のブログを読むと、モエギハゼはシャイらしいから・・・
そのうち出てくるよね・・・むり?

ヤツの口にも入りそうな小型甲殻類はウジャウジャいるので、
食料の心配はまだ無いと思うのですが・・・
確認は出来てないけど、カニやらシャコやらがいるとしたら心配。

ライブロックを動かして生存を確認したくなってくる。
でも神経質な面があるのなら、そっとしておくのがイイかなと思ってます。
それに、死骸を発見してしまったときの心のやり場に見当がつきません。

祈っておりマス。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。