上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.27 リン。
ローワフォスとメディアリアクターを設置しました。

これまで使用していた吸着剤はシーケムのやつです。
1ヶ月以上前に、ネットに入れてサンプに吊るしていたもの。
別にリン酸値が高く検出されているわけではないけど、
自作のリアクターもローワも早く使ってみたいので、交換する事にしました。

水換えの捨て水をリアクター内に通して濁り汁を取り除く。

こりゃエグイ。
DSC04154.jpg

5リットル程通水すると、リアクター内の海水は透明になりました。

設置。
DSC04197.jpg

クーラーを経由したメインポンプからの水を分岐して通水。

メディアリアクターはどんな具合になるかハラハラしましたが、
一応ちゃんと機能してるみたい。
設置前に若干仕様を変更し、先っちょにユニオンを取り付けました。

粒が細かいと聞いていたけど、ここまでとは・・・。
リアクター内のメディアは上のほうが波打っていて、ドロドロの黒い液体に見える。



気になるのは設置後のKHとPHの低下。
鉄系の吸着剤は、一時的にKHとPHを下げるらしい。
設置前     KH9  PH8.0
設置3時間後 KH8  PH8.0
設置6時間後 KH9  PH8.1

KHは一度下がって元に戻ったのでひと安心。
PHはなぜかいつもと変わらず。

リフの照明が点灯する頃はいつもPH8.0、しばらくすると8.1になる。
リフの照明と共にCaリアクターが稼動するので、PHは下がりそうだけど、
逆に上がるのは、アマモや藻類などの光合成によるもの・・・なのか?
そんなに活発に光合成をしているようには見えないけど。
リフの底に分厚く敷いているアラゴナイト砂のバッファー効果もあるのかもしれない。


本題のリン酸値。
設置前の海水を試験管に採っておいて、設置6時間後の海水と比較してみた。

上がローワフォス設置前、下が設置後。
DSC04183.jpg

全く変化ナシ(T-T。

ちなみに設置24時間後。
DSC04193.jpg

変化ナシ・・・(・~・;

この色は、過去の画像と比べてみても 0~0.1とよんでいたいつもの色。

わざわざ高い吸着剤買って、リアクターまで自作したけど、
そこまでする必要はなかったみたい。
あとは、どれだけ長持ちしてくれるのかに期待します。

これから魚が増えていくから、その点では安心。

スポンサーサイト
2009.04.24 アフロ刈り。
リフのアフロなライブロックを刈りました。

海藻の塊が、自然に岩肌からごっそりと落ちてしまい、そろそろシオドキか・・・
という事で、思い切ってやりました。

          
           「おちた」の所が落ちた。           バッサリ。
           r3a.jpg         r6.jpg

                 引き剥がされたソウルの残骸。
                 r2.jpg
                   
                              磯の香り。
                 



リフには2匹のカスリモヨウベニハゼ(2~2.5センチ)がいます。
他に目立つ生き物では、ヤドカリやイソギンチャクモエビ、アシナガモエビ、
ライブロックに付いて来たテッポウエビが2匹、そしてたくさんのカニがいます。

ここに写ってるだけで、4匹のイソガニ(?)と1匹のヒメサンゴガニ(?)がいます。
k1a.jpg

点灯時でも堂々とカニ歩き。             ボスガニ。甲幅1.5センチ。
無題-24bitカラー-01 無題-24bitカラー-02

夜は砂の上で無防備に寝ているカスリモヨウベニハゼですが、カニには襲われていません。
カニは魚を襲うので出来れば駆除・・・という認識でしたが、
ライブロックによく付いて来るこの小さなカニは、駆除する必要あるのかな・・・
弱って死にかけてる魚は襲われるかもしれないけど、
そのような魚は、アシナガモエビでも襲って食べます。
でも大きく成長されるとちょっとコワイかも。



リフには少しだけサンゴもいます。
上の写真にも写ってますが、メインで置き場所がなくなったオオタバなどを入れてます。

ブリードのミドリイシも1つ。
r5.jpg

水流がほとんど無くても、今のところ大丈夫そう。


コイツは海水を始めた頃に買ったライブロックについてたヤツ。
r4.jpg

この春で5年目を迎えます。
ちっとも成長しない。(飼い主に似たか・・・)



全体。
r1.jpg

両側面と奥面は、去年の年末に掃除して以来触っていません。
正体不明のモノがたくさん付着しています。

先日、ローワフォス+自作メディアリアクターをサンプに設置しました。
その際必要だった配管の変更のついでに、
前から付けようと思っていたシャワーパイプも設置。

1ヶ月前に追加したアマモは、全ての株が新しい葉に入れ替わりました。
以前からあるものを含め、全体としては緩やかに成長している感じ。
話に聞く「アマモ本来の旺盛な成長」にはほど遠く、ランナーによる繁殖も当然なし。

本来アマモは富栄養環境に住む植物なので、栄養が足りないのかも知れない。
トリミング・植え方・底砂などが悪いのかもしれない。
ローワによるリン酸・ケイ酸 除去で、ますます成長しにくくなるのかどうか・・・
このあたりが気になるところです。
スキマーを強化した後、メインにチビハゼを20匹ぐらい泳がせたいので、
そうなれば、もうちょっと勢いよく成長するかもしれない。

ベントスに関しては、以前のように爆発的に増えることはなくなって、
今ではメイン・リフともにちらほら見かける程度になってしまった。
そのうちまたウジャウジャするだろうと思ってたけど、
なかなか増えてこないし、見られる種類も減っています。
こういうのを観察していくのはオモシロイ。。。
これまでも、ベントスたちは増えたり減ったりを繰り返してきたので、
そのサイクルの一環なのかもしれないし、単に生物層の単一化なのかもしれない。
このままベントスが増えなければ、
今号のCF誌で、秋田のお医者さんが言っていた『生物層の偏り』 が、
自分の水槽で起こってきていることの目安になるんじゃないかなと思ってます。
生物層が偏ると、悪い細菌や藻類が爆発的に増えやすい環境になるらしい。

リフのライブロックを入れ替えたのは約半年前なので、もうちょっと使いたいけど・・・
狭い水槽に少量のライブロックなので、『生物層の偏り』が短期間で起こるのかもしれない。
この『偏り』はバクテリアレベルでも起こっているだろうから、
このままベントスが増えてこなければ、ライブロックを入れ替える予定です。


去年の暮れに車を手放して以来、ショップに行く回数が減りました。
電車で袋を提げて帰るのがメンドクサイので通販が多くなります。

先日、少しだけライブロックが必要になったので、
アクアテイラーズというショップに行ってきました。
初めて行くショップでしたが、駅からそんなに遠くなかったので助かりました。

店ではライブロック少量と、シロスジウミアザミ、マリンデラックスを買いました。
パクパクするウミアザミを飼うのは初めてです。
オモロイ。。。
u.jpg

なんで動くんだろ?



最近チョーシに乗ってミドリイシを追加してましたが、
水槽を眺めていると、維持出来るかどうか心配になってきます。
今まで添加剤は使っておらず、
気が向いて何かの添加剤を使ってみても長続きしませんでした。
今回のようにたくさんのミドリイシを飼うのは初めてなので、
なんか入れたほうがイイような気がする・・・っていうか、不安なので何か入れたくなってくる。

最近買ったモノ。
sn.jpg

*シーケム・リーフプラス
これは少し前から使ってます。
各種微量元素と「必須ビタミン」「必須アミノ酸」が入った添加剤。
有機物も入っているらしく、開封後は冷蔵庫で保存しないといけないらしい。

「必須ビタミン」「必須アミノ酸」・・・なんか栄養ありそう・・・
「冷蔵庫で保存」・・・なんか効きそう・・・と思いました(アホでスミマセン)。
醤油ダレの匂いがします。

アミノ酸については、液体で添加すると水槽内ではスグになくなってしまうそうなので、
毎日の添加がイイらしい。今はたまに入れてるだけなのであんまり意味無いかも。
水槽内でもアミノ酸は発生する(?)だろうし、水換えの頻度も上げてるので、
規定量よりだいぶ少なめで使用中。


*マリンデラックス
サンゴの栄養になれば・・・。
サンゴフードは他にも気になるモノがあるので、色々試してみようと思ってます。

添加剤については、珊瑚のためというよりか、
自分の気休めのために入れてるような気がする。
自分の水槽に何の添加剤が必要なのかを判断するのは難しいです。
とりあえず、試薬で測れるモノは出来るだけ測っていこうと思います。


*ローワフォス
海水館さんの「ブルーライトニングVOL..3」によると、
活性アルミナは「リン酸」よりも「フッ素」を優先して吸着するらしい。
「ハマサンゴ科」(ハナガササンゴ等)の飼育にはフッ素が影響するとの記述もあり、
出来れば鉄系の吸着剤を使いたかった。
ハナガサの赤いやつとアワサンゴを飼いたいので。

説明書によると、流動型リアクターの使用が効率よく、さらに長持ちするとありました。
値の張る消耗品なだけに長持ちして欲しいので作ってみた。
Caリアクターを作ったときの余りの材料があったので、費用はかかりませんでした。
サンプ内で使用するので作りは超テキトー。
m2.jpg m1_20090416204034.jpg

下側のウールがペラーンとなりそうなので、スノコにくっ付けてしまう予定。
メディアがちゃんと流動するかどうか分からないけれど、
バッグに入れてぶら下げてるよりはましかなぁと思うので、近々セットしてみます。


2009.04.12 サンゴ追加。
サンゴを追加しました。

深場ミドリイシ2種。
c.jpg s.jpg
カロリニアーナ。                     スハルソノイ。


全体。
zk1.jpg
あとはturakiなどの高さがある深場ミドリイシを2~3本にょきにょきさせて、
トサカなどのソフトコーラル、アワサンゴなどのハードコーラルを配置。
ロリペスもどっかに・・・これが一番飼いたかったのに最後になってしまった。

今はまだ置いただけ・並べただけの水槽だけど、
このサンゴたちを年単位で維持することができれば、
今よりは見ごたえのある水景になるんじゃないかなと思っています。

頑張ろ。



レイアウトをいじっている時に、こんなのを発見。
d.jpg
ディスクコーラル。
光あたってたのかな?5ヶ月間ひっそりと生きてました。


モエギハゼBが逝ってしまい、いじめられなくなったモエギハゼA。
『オレの天下』
mgh.jpg

頼むから君は逝かないでね・・・



アマモを追加して3週間が経過。
この間の伸び具合を観察してみました。
3月19日。                         4月7日。
tt.jpg DSC03921.jpg

伸びてるけど短い。
根張りに比例して葉も高く伸びていくのかもしれない。

奥に写っているミドリイシはメインであぶれたブリードのヤツ。
1ヶ月ぐらいになるけど、今のところ水流が無くても大丈夫そう。色の変化が楽しみ。



リフジウムのアフロなライブロック『ライブアフロック』。
上から見るとさらにソウルを感じさせる。

DSC03912.jpg DSC03905.jpg

散髪したほうがイイのかな。でも『ソウル』が・・・



こちらはリフの排水口に設置しているストレーナー(?)
枯葉や藻を堰き止めるヤツ。
ナニやら不穏な空気が漂っております。       中をのぞくと・・・まさに海藻フィルター。
DSC03910.jpg DSC03907.jpg

取り出して掃除。
DSC03936.jpg

掃除後は、リフの水位が1センチ下がりました。穴いっぱい開けといてよかった。。。

                 

ナニ?
DSC03911.jpg




リフにいたカスリモヨウベニハゼ4匹ですが、結局この2匹になってしまいました。
kmb1.jpg かすり

逝った2匹は、結局乾燥餌に餌付けることが出来ませんでした。
ブラインから冷凍コペに移れて喜んでいたのに残念。

生き残った2匹はメインに合流させたいけど、すばしっこくて捕まらない。
気が向いたら、水を抜いて捕獲する予定。
メインに移したとして、あの水流の中でやっていけるかが心配。
このままリフの住人でも別にイイけど・・・



リフ。
4月7日

リアクターをリフにセットして、電磁弁をリフの照明タイマーに繋いでますが、
ミドリイシが増えてきてるので、1日10時間だとちょっとキビシイ。
リフの照明を1日10時間から12時間にしてみたけど、これだけじゃ無理っぽい。
リフの照明は12時間以上点けたくないので、
無理ならリアクターのみ稼動させてみたり、PHが下がり過ぎるようならエアレーションとか・・・
色々やってみる予定です。




脳内にある『サンゴスイッチ』が、激しく「ON」になっております。

「さかな水槽」がひと段落ついた事や、
「サンゴメイン水槽」の水流を強化した事に合わせて、
年に一度のボーナス気分が味わえる「還付金」が支払われる時期である事が
重なったためと思われます。
(管理人は還付申告をしています。現金でクーラーを買う予定だったんだけど・・・)

最終的には、白化した珊瑚の折った部分が順調に復活してきているコトが、
『サンゴスイッチ』を「ON」にするきっかけになりました。
この部分に共肉が盛ってきたら復活しているコトになるんじゃないか・・・
と思って観察してました。

2月28日。折ったばかりの頃。            アップ。真っ白。
228.jpg 228z.jpg

1週間後。                         アップ。うっすらベージュ。
38.jpg 38z.jpg

3週間後。                         アップ。ポリプが出現。
321.jpg 321z.jpg

コレを確認して、『サンゴスイッチ』 オン。

ロザーリア。              ディソロウィ。              ジャクライン。
DSC03775.jpg DSC03776.jpg DSC03777.jpg

2週間前に投入してますが、ディソロとロザーリアは元気。

綺麗だったジャクラインは、一度もポリプを出すことなく3日で真っ白に(泣)



先日、第2弾が到着。
深場SP。                          ジャクライン。
SP.jpg jl.jpg

深場SP、ディソロっぽい。前回のと色がかぶって、白地にパープル。

懲りずにジャクライン。ライムグリーンに先っぽほんのりパープル。
今回はポリプを出してるので「3日で・・・」ってコトはなさそう。



全体。
m.jpg


レイアウト楽しいゼ。。。

まだもうちょっと置けるナ。


以前の記事に書いていましたが、
やっとトリートメントタンクを大きくしました。

トリタンはサイドフロー加工がしてあるので、
その気になったら繋げられるように高さを合わせて設置。
ss-a.jpg  ss-b.jpg

この30H水槽には、すこし大きめのリーフバタフライをもう1匹入れてみたい。
ペアになったら嬉しい。
今のところはチョウチョウウオ水槽って感じ。

サイドフローでさかな水槽と連結させてしまうと、
トリートメントタンクとしての機能はなくなるけど、
配管にボールバルブかタップをかませておけば、必要に応じて切り離す事ができる。
温度管理もラクそうなので、そのうち連結させる予定。

ちびリーフ。白点も治まって大きくなった♪     さかな水槽。レプリカはレイアウトしにくい。
ss-c.jpg DSC03815.jpg



ところで、某ショップにバヌアツの「ベニヒレイトヒキベラ・オス」が入荷。
写真で見ると、ウチのヤツとあんまり変わらない。
別のショップの過去の入荷写真で、清楚な感じのメスっぽいベニヒレ・8センチを見つけた。

ウチのヤツ、オスっぽいな。。。
bi-g_20090402140404.jpg bi-g-2.jpg

あるいは、雌性先熟なのでオスになりかけてるのかも・・・もう大人っぽいけど(8~9センチ)。
購入したお店の人は「雌雄は分からない」と言ってた。
オスだとすると、「ディスプレイ」と言われる行為が見られるかもしれない。

威嚇の際ヒレを広げる行為を「フィンスプレッディング」と言うらしいけど、
これならウチの水槽でも見られます。

イカク!                          ビュン!
DSC03805.jpg DSC03806.jpg
ビュン!                          ゴォォォ。
DSC03807.jpg DSC03808.jpg
全身のヒレを広げて震わせながら、ハーレクインに体側を見せつける様な感じ。
それほど執拗には追いかけないけど、ハーレクインがかわいそうなので、
底のレイアウトを複雑にしてみた。

婚姻色を伴うディスプレイが見てみたいけど、メスがいないと無理なのかな・・・。
そもそもこの水槽自体が狭すぎるのかも。

ベニヒレイトヒキベラのディスプレイは、ダイバーさんのブログなんかで見るとスゴイ。
http://www.kazkian.com/fish/cat41/cat312/cat347/cat421/
http://ookatayouji.amaminchu.com/archives/2007/12/post_149.html


以下妄想。

ウチのベニヒレがオスだとしたら・・・

リーフバタフライ2匹が「さかな水槽」へラブリーに合流・・・
トリタンが空く・・・
そこに虐められ気味のハーレクインをピースフルに移す・・・
さかな水槽にメスのベニヒレを迎える・・・

らぶ アンド ぴぃす。。。 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。