上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の暮れに車を手放して以来、ショップに行く回数が減りました。
電車で袋を提げて帰るのがメンドクサイので通販が多くなります。

先日、少しだけライブロックが必要になったので、
アクアテイラーズというショップに行ってきました。
初めて行くショップでしたが、駅からそんなに遠くなかったので助かりました。

店ではライブロック少量と、シロスジウミアザミ、マリンデラックスを買いました。
パクパクするウミアザミを飼うのは初めてです。
オモロイ。。。
u.jpg

なんで動くんだろ?



最近チョーシに乗ってミドリイシを追加してましたが、
水槽を眺めていると、維持出来るかどうか心配になってきます。
今まで添加剤は使っておらず、
気が向いて何かの添加剤を使ってみても長続きしませんでした。
今回のようにたくさんのミドリイシを飼うのは初めてなので、
なんか入れたほうがイイような気がする・・・っていうか、不安なので何か入れたくなってくる。

最近買ったモノ。
sn.jpg

*シーケム・リーフプラス
これは少し前から使ってます。
各種微量元素と「必須ビタミン」「必須アミノ酸」が入った添加剤。
有機物も入っているらしく、開封後は冷蔵庫で保存しないといけないらしい。

「必須ビタミン」「必須アミノ酸」・・・なんか栄養ありそう・・・
「冷蔵庫で保存」・・・なんか効きそう・・・と思いました(アホでスミマセン)。
醤油ダレの匂いがします。

アミノ酸については、液体で添加すると水槽内ではスグになくなってしまうそうなので、
毎日の添加がイイらしい。今はたまに入れてるだけなのであんまり意味無いかも。
水槽内でもアミノ酸は発生する(?)だろうし、水換えの頻度も上げてるので、
規定量よりだいぶ少なめで使用中。


*マリンデラックス
サンゴの栄養になれば・・・。
サンゴフードは他にも気になるモノがあるので、色々試してみようと思ってます。

添加剤については、珊瑚のためというよりか、
自分の気休めのために入れてるような気がする。
自分の水槽に何の添加剤が必要なのかを判断するのは難しいです。
とりあえず、試薬で測れるモノは出来るだけ測っていこうと思います。


*ローワフォス
海水館さんの「ブルーライトニングVOL..3」によると、
活性アルミナは「リン酸」よりも「フッ素」を優先して吸着するらしい。
「ハマサンゴ科」(ハナガササンゴ等)の飼育にはフッ素が影響するとの記述もあり、
出来れば鉄系の吸着剤を使いたかった。
ハナガサの赤いやつとアワサンゴを飼いたいので。

説明書によると、流動型リアクターの使用が効率よく、さらに長持ちするとありました。
値の張る消耗品なだけに長持ちして欲しいので作ってみた。
Caリアクターを作ったときの余りの材料があったので、費用はかかりませんでした。
サンプ内で使用するので作りは超テキトー。
m2.jpg m1_20090416204034.jpg

下側のウールがペラーンとなりそうなので、スノコにくっ付けてしまう予定。
メディアがちゃんと流動するかどうか分からないけれど、
バッグに入れてぶら下げてるよりはましかなぁと思うので、近々セットしてみます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。