上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1ヶ月ほど前に、初めてポンプの付いたスキマーを使用し始めたのですが、
その際、スキマーについて色々調べていると、結構自作している人もいるようです。
でも、多いのがベケヘッドを使ったパワフルなヤツや、ペットボトルスキマー。
その真ん中ぐらいのヤツがイイのだけれど・・・と思いながらネットを徘徊していると、
ヤフオクで興味をひくパーツを発見。

コレ。マキシ用のニードルインペラー。
DSC04826.jpg

1個1400円でした。
コレとマキシのMP1200を使って、
HS250をモデルにしたスキマーを作ってみようと思います。

ノーマルインペラーとの比較。
海水だと真っ白で何がナニやら・・・なので、真水で。
ニードルインペラー。                   ノーマルインペラー。
DSC04748.jpg  DSC04758.jpg

それ程違わないけど、ニードルの方が若干細かい泡が出ます。
この時点では、吸気の爆音に撃沈でしたが、
有り合せのパーツで作ったサイレンサー(?)を付けると静かになりました。
DSC04749.jpg


必要なパーツが揃いました。
DSC04791.jpg

カップのフタだけ作ってます。
手持ちの材料もあったのですが、それでも8000円ぐらいかかりました。
HS250の画像をプリントアウトして原寸に拡大し、大体の寸法を出しました。


上手く機能するか分からないけど、とりあえず作ってみようと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。