上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事でも書きましたが、ストロンチウムとマグネシウムの試薬を買ったので、
計測してみました。

結論から言うと、ウチのメインシステムのSr濃度は『思ってたより低い』でした。
数値はよく分かりませんでした(汗。。。
試薬ではよくあることですが、色の変化がよぅ分からん!かったからです。
あえて数値をあげるなら5~8㎎/l と、かなりアバウトな感じになります。

天然海水中のSr濃度は約8㎎/l だそうです。
リーフタンクでは、8~12㎎/l や10~15㎎/l が推奨されているようです。

テスターには、13㎎/l のサンプル液が付属しています。
このサンプル液と、完全溶解させた人口海水(リーフクリスタル)を平行して計測していきました。
最後の滴定を始める前の状態です。左の紫色が13㎎/l のサンプル液です。
sr.jpg
説明書によると、この段階で
『紫色はSr濃度が適度であることを示し、青色はSrが全く溶存していないことを示しています』
とありました。
人口海水の方は青色に見えるけど、このあと滴定で『明るい青』に変色していきました。
Sr濃度は5~8ぐらいかなぁ・・・という印象でした。
はっきりしているコトは、13㎎/l より確実に低い・・・というコトだけです。
自分としては意外な結果(低い)だったので、ナプコリミテッドさんに電話して聞いてみました。
リーフクリスタルのSr 値は『0.0175%』で、ppmでは『分かりません』とのことでした。
この0.0175%をどう解釈したらよいのかは分かりませんでした。
(人口海水の成分についてはこんなのもありました。)

メインシステムの飼育水もサンプル液と比較しながら並行して計測しましたが、
上と同じように、13㎎/l より明らかに低い結果となりました。
数値をあげるなら5~8㎎/l ぐらいな感じです。

飼育水と人口海水も同じように比較しながら計測しましたが、色の区別がつかなかったので、
Sr 濃度に大差はないという印象を受けました。
これは、CaリアクターやREEFPOWER・Xの添加による供給と、
生体による消費がある程度バランスしているからだと思っています。

Sr の供給と消費のバランスがとれているなら、Sr添加剤は必要なさそう。
でも、人口海水のSr が意外に低い印象だったので(13㎎/l ぐらいあると思ってた)、
気持ち的にはあと少しぐらい飼育水のSr 値を上げた方が安心な感じがしました。

『Sr の添加剤が必要かどうか』と『添加した場合に過剰にならないかどうか』
この二つを確かめたくてSr テスターを買いましたが、
結果は『Sr 添加剤は使った方が安心、過剰添加にはならない』と思うものでした。

シーケムのストロンチウムテスターは、最初は『難しそうぢゃ・・・』と思ってましたが、
説明書がスゴク丁寧に出来ていて、扱いやすかったです。
滴定による正確な数値が読み取れなかったのは、管理人が優柔不断だからと思われます。

マグネシウムもはかりましたが、こちらはイイ感じでした(たぶん)。


最後に、いちおうシステムの状況を記しておきます。

水量120リットル(サンゴ50・リフ45・サンプ25)
底砂あり(メイン3cm・リフ8㎝)
換水 8~10日に20リットル(RO/リーフクリスタル)
比重 1.024(比重計はインスタントオーシャン)
Caリアクター(1日12時間稼動・メディアARM)
KH8~9(テトラ)
スキマー WEIPRO SA-2011
REEFPOWER・X を規定量の2/3ぐらい添加
飼育しているハードコーラル ミドリイシ×10 オオタバ×1


スポンサーサイト
リフのライブロックを入れ替えました。

前回のアマモの追加から4ヶ月が経過したので見比べ。
3月19日。                     7月21日。
DSC03757.jpg DSC05330_20090721021236.jpg
増えても減ってもない感じ。

このライブロック、海藻や海綿はあるけどムシ関係が見当たらない。
ホソジュズモ?                   ジュズフサノリ?
無題-24bitカラー-02 無題-24bitカラー-01
増えて欲しいです。

ちょっと前に、リフの砂にミドリの物体が出現しているのを発見しました。
ムシが喰っとる・・・                 サボテングサでした。
DSC05156.jpg DSC05326.jpg
サボテングサは、色んな場所からぽこぽこ出てきます。


突然ですが、こんなのを買いました。
DSC05322.jpg
 
マグネシウム試薬とストロンチウム試薬。
自分の水槽のSr濃度は、以前から気になってました。Mgはついでに買ってみました。
添加剤を使う必要があるのかないのか・・・。
ストロンチウムは、ヨウ素と共に添加剤の代表みたいなイメージを持ってます。

添加剤の必要性は色々言われていますが、
各々の水槽によって環境が違うだろうから一概には言えないと思っています。
ウチの場合、約10日で20リットルの換水、1ヶ月で約60~70%の海水が交換されます。
人口海水はリーフクリスタルで、リアクターのメディアはARMです。

よく勉強させてもらってるブログには、
インスタントオーシャンの人口海水はもともとSrの濃度が高い・・・と載ってました。
あわせて別のHPには、ARMにはSrがたくさん含まれている・・・とありました。
さらに海水館の『REEFPOWER-X』も使っています。
なので、ウチの場合はSrの濃度は低くないと予想してます。
でもあくまで予想なので、実際はどうなのか確かめたくて測ってみようと思いました。

箱を開けてみて、複雑怪奇な様子に心が折れました。
DSC05323_20090721033429.jpg

測定方法の説明がA3用紙にギッシリ・・・(汗
測定するときの心得として、
『~1300個の紫色のビー玉と400個の赤紫色のビー玉が入っている瓶の中から
薄紫色のビー玉を8つ見つけ出し、数える場面をイメージしてください』
って書いてる・・・ウスムラサキ?

ウチはROしかないので、測定するには精製水を薬局で買ってこないといけないらしい。
チョチョイと測れるものじゃないってことは分かりました。

気合が必要です。

購入当時のミドリイシの画像と今の画像を見比べてみると、
変化しているのがよく分かって面白い。今後の観察のためにも記事にしておこうと思います。
左が購入当時で右が現在です。

グラヌローサ(?) 2009.1~
n1_20090719165305.jpg DSC05255.jpg
深場の中では一番の古株。ウチでは珍しく色が揚がってる。

ロザーリア 2009.4~
DSC03880.jpg DSC05272.jpg
改めて見ると、最初はこんなに綺麗だったのか・・・と驚き。

ディソロウィ 2009.4~
DSC03776_20090719165918.jpg DSC05269.jpg
コイツも最初は綺麗だった・・・あまり成長していない。

ディソロっぽいヤツ 2009.4~
SP_20090719171056.jpg DSC05266.jpg
べっぴんさんが・・・(汗

ジャクラインタイプ 2009.4~
jl.jpg DSC05268.jpg
色の維持がいちばん難しそうと思っていたコイツが、ちょっと色揚がり気味!?

スハルソノイ 2009.4~
DSC03939.jpg DSC05267.jpg
色は変わっていない。

カロリニアーナ 2009.4~
DSC03933.jpg DSC05271.jpg
これも色は変わらず。

グラヌローサ 2009.6~
m1_20090719181320.jpg グラヌ
コレはまだ1ヶ月半の飼育。茶色が強くなった気がする。

浅場ブリードの折れたヤツ。2008.9~
DSC01632.jpg DSC05276.jpg
コイツとその親株の色が、ウチの水槽ではいちばんキレイ。


全体的に見ると、成長はしてるけど色は残念な結果になっているのが多いです。
とくにロザーリアとディソロウィの色落ちがエグイ。

最後から2段目のグラヌローサは、色が揚がると綺麗な青になりそうだけど、
ウチの水槽じゃキビシそうです。クリアブルーだったポリプも褐色になってきてる。
アマモのためのカリウム添加剤として、ブライトウェルの『ポタシオン』を使い始めたけど、
説明によると青色の色揚げ効果もあるらしいので気になるところです。
ポリプが茶色になっていってる。          カリウム。                    
無題-24bitカラー-03 DSC05288.jpg

スハルソノイの枝がライブロックに活着していた。元気そうでウレシ。。。
DSC05279.jpg

ミドリイシの色揚げには興味があるけど、今はそこまで気が回らない。
できるだけ健康に育ってくれればイイと思っています。
今回の画像が遺影にならないようにしないと。


久々に『さかな水槽』のカテゴリーで記事を書きます。

約2ヶ月前の『さかな水槽』の記事に使った画像です。
5_20090525211139.jpg
この時の記事は、
ベニヒレイトヒキベラが蓋に激突して以来、ひどく臆病になった・・・
という内容でした。(コレ

あれからしばらく、ベニヒレは底の方でチラホラ見かけていたのですが、
一向に表に出てくる様子はありませんでした。
人影に対してスゴクおびえる様になってしまったので、コケ掃除をせずに様子を見てました。
するとこんなことに・・・。
g0_20090718005627.jpg

汚すぎて中がよく見えず、ベニヒレの生存が確認できない。
いちど綺麗にしてみようと思い、レプリカを全て取り出して掃除することにしました。
水換えの際に吸い出せないヘドロが溜まってスゴかったです。

底に敷いていたバックウォールを取り出すと、ベニヒレの死骸を発見しました。
この魚に対して、水槽のサイズが小さ過ぎたと思って反省です。

水槽自体は、もっと衛生的に、メンテもしやすい方がイイと思ったのでこんな感じにしました。
g3_20090718005700.jpg

カクレはリーフバタフライをしばくので隔離してます。
レプリカはまた使うかもしれませんが、バックウォールを底に置くのはやめます。

リーフとハーレクイン。
g_20090718005729.jpg

さかな水槽は、なかなか方向性が定まらない。
夏が終わったら、陰日性サンゴ水槽にしてやろーかと思ってますが、
まだどうなるか分かりません。
魚はリーフバタフライか、小型ヤッコを追加しようと考え中です。

魚の飼育は難しい・・・

2009.07.15 生物相。
リフに新入り♪しかぱっちさんからの頂きものです。
喰うか喰われるか!?貝vsきのこ。
kk_20090713213048.jpg
オモロイ~。。。先が楽しみです。
しかぱっちさん、ありがとうございました^^


ところで、以前記事にしたリフの『モワモワ』。コイツの勢いが止まりません。

以前記事にしたときの『モワモワ』。5月23日撮影。
3_20090523074623.jpg  7_20090523071042.jpg
きちゃない。
このときは綺麗にしました。

その1ヵ月後の6月28日に撮影したのがコレ。
mw2.jpg  mw1.jpg
記事にはしませんでしたが、このときも綺麗にしました。

さらにその2週間後の7月12日。         全体。
mow1.jpg  rf.jpg
さっき綺麗にしました。
アマモの葉についた『モワモワ』は、一枚ずつ手で剥がしていきました。
すぐに取れるので、そんなに大変ではないです。
アフロを刈ってからのライブロックは、なんというか・・・精気が無い感じになりました。
ベントスもいるにはいるけど、最近は数も種類も減っています。
リフ層全体が衰弱している印象を受けます。アフロの呪いか?

よく言われる「生物相の偏り」って、こんな感じなのかな・・・。

CF誌VOL.19 には、
『生物層が偏ると、どこかで悪い細菌や藻類などが爆発的に増えやすい環境ができてしまう』
とあった。『モワモワ』を見てるとまさにこんな感じ。

CF誌では「生物層」と表記されてましたが、調べると「生物相」のような感じだったので、
こちらの表記とします。
ちなみに『生物相』とは、『特定の地域に生息・生育する生物の種類組成』だそうです。

ミドリイシの飼育に関して「最初の1~2年は問題なく飼えるけど、そこから調子が・・・」
みたいな話をよく聞くけれど、これも「生物相の偏り」が影響してるのかな?
だとしたら、ウチのミドリイシたちもこれから白化や病気に苛まれていくのかも・・・
コワイぜ。。。
閉鎖環境であるシステムにおいて、『生物相』の偏りは避けられないだろうし、
これを先延ばしにするための方法は、
本やネットに色々載っているのでやってみようと思います。

まずはライブロックの入れ替え。
lr2.jpg

リフの元気を取り戻すことが、当面の課題になりそうです。
最近では、メイン水槽にも『モワモワ』が進出し始めているので、
サンゴに影響が出る前になんとかしないと・・・


ふと疑問に思ったこと。
ライブロックやライブサンドを使わずにセットされるサンゴ水槽だってある。
LR・LSを使う場合よりも、立ち上がるまでに時間がかかるというのは読んだ事があるけど、
この場合どんな生物相が形成されるんだろ。シンプルなのかな?
LRやLSが持つ豊富な生物相を取り込んだシステムじゃないだけに、
上手く立ち上がれば、生物相の偏りに影響されないシステムになるのかな・・・
もしそうだとしたら、こっちの方が長期的に安定したシステムになりそう。


2009.07.06 きのこ。
メイン水槽に新しいサンゴが加わりました。
うみのなまもの」産ウミキノコが2個♪

しかぱっちさん、ありがとうございました!

キノコたち。
k1.jpg  k3

入海4時間後の写真です。二つとも元気そうです。
しかぱっちさんからは、この他にもう1つ面白いキノコを頂いております。
リフに入っているのでまたの機会に紹介します。

新入りのレッドスクーターとベンテンコモンエビ2匹も元気です。

レッドスクーター。                     弁天。
rs.jpg  bks.jpg

この2種は水槽内をよく動くし、キノコも増えたし・・・で、ちょっと賑やかになりました。
飼い主うれしがっております。。。


タイニーダートゴビー3匹はだいぶ環境に慣れてきたようで、
腹も少しだけ膨らんできたので安心。
他には、マスクドゴビーが砂を掘り始めて地形を変えていたり、
カスリモヨウベニハゼの1匹が痩せ気味でちょっと心配だったりします。もう1匹は元気。

マスクドゴビー。                      カスリモヨウベニハゼ。
マスク  kmbhb.jpg

モエギ 『オレがボス』
無題-24bitカラー-01


メイン全景。
m_20090706172101.jpg


動画に挑戦。
タイニーを蹴散らしてるのがモエギハゼです。
チビハゼ

[広告] VPS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。