上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リフのライブロックを入れ替えました。

前回のアマモの追加から4ヶ月が経過したので見比べ。
3月19日。                     7月21日。
DSC03757.jpg DSC05330_20090721021236.jpg
増えても減ってもない感じ。

このライブロック、海藻や海綿はあるけどムシ関係が見当たらない。
ホソジュズモ?                   ジュズフサノリ?
無題-24bitカラー-02 無題-24bitカラー-01
増えて欲しいです。

ちょっと前に、リフの砂にミドリの物体が出現しているのを発見しました。
ムシが喰っとる・・・                 サボテングサでした。
DSC05156.jpg DSC05326.jpg
サボテングサは、色んな場所からぽこぽこ出てきます。


突然ですが、こんなのを買いました。
DSC05322.jpg
 
マグネシウム試薬とストロンチウム試薬。
自分の水槽のSr濃度は、以前から気になってました。Mgはついでに買ってみました。
添加剤を使う必要があるのかないのか・・・。
ストロンチウムは、ヨウ素と共に添加剤の代表みたいなイメージを持ってます。

添加剤の必要性は色々言われていますが、
各々の水槽によって環境が違うだろうから一概には言えないと思っています。
ウチの場合、約10日で20リットルの換水、1ヶ月で約60~70%の海水が交換されます。
人口海水はリーフクリスタルで、リアクターのメディアはARMです。

よく勉強させてもらってるブログには、
インスタントオーシャンの人口海水はもともとSrの濃度が高い・・・と載ってました。
あわせて別のHPには、ARMにはSrがたくさん含まれている・・・とありました。
さらに海水館の『REEFPOWER-X』も使っています。
なので、ウチの場合はSrの濃度は低くないと予想してます。
でもあくまで予想なので、実際はどうなのか確かめたくて測ってみようと思いました。

箱を開けてみて、複雑怪奇な様子に心が折れました。
DSC05323_20090721033429.jpg

測定方法の説明がA3用紙にギッシリ・・・(汗
測定するときの心得として、
『~1300個の紫色のビー玉と400個の赤紫色のビー玉が入っている瓶の中から
薄紫色のビー玉を8つ見つけ出し、数える場面をイメージしてください』
って書いてる・・・ウスムラサキ?

ウチはROしかないので、測定するには精製水を薬局で買ってこないといけないらしい。
チョチョイと測れるものじゃないってことは分かりました。

気合が必要です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。