上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に引き続き、今回も新アマモ水槽について書きます。

アマモの植え込み作業で海水が濁るので、新アマモ水槽にいたヤスジチョウは、
さかな水槽内の隔離ケースに入れてました。
もうとっくに濁りはなくなっているのですが、ヤスジはまだ隔離ケース内にいます。
新アマモ水槽にはウミヅキチョウチョウウオがいます。
DSC06829b.jpg
黄色がよい。
前回の記事に登場したLED・エリジオン『閃光』を買いにやどかり屋さんに行ったとき、
衝動的に連れ帰ってしまいました。この2日ほど前に、いつか飼いたいと思っていた
フォーアイバタフライをトリートメントタンク内で死なせたばかりでした。
ウミヅキも大好きな魚だったので・・・我ながら節操がないデス。

5日ほどトリートメントタンクで様子を見ましたが、餌には全く無反応でした。
新アマモ水槽である程度餌付かせてから、
隔離ケースにいるヤスジチョウと入れ替えようと思いました。
今で10日ほどになります。
DSC06888b.jpg
この水槽に入れた翌日から、アサリや練り餌を突付くようになりました。(他の餌には無反応)
ヤスジチョウの時も同じでした。
単独飼育でも、その魚が餌を食べやすくなる環境とかがあるのかなぁ、と思いました。
それともウチのトリタンの環境(殺風景な30㎝水槽)がよろしくないだけか・・・
そもそもトリタンで餌付けようという魂胆が間違ってるのか・・・
濾過はしっかりしてるんだけど・・・

正月は2日間家を空けたので心配しましたが、無事でした。
帰宅後、試しに粒餌をあげてみたら少し食べました。
ウレシ!と思ったのもつかの間、ウミヅキのおしりがヘン;;
なんか出てる!
無題-24bitカラー-03
半透明の管みたいなのが・・・

心配ぢゃ。

DSC06864b.jpg

『ウミヅキ』は、漢字で書くと『海月』となるそうです。
斜めの2本線が波模様、黒い丸が月の模様、
波に浮かぶ月を連想させることが名前の由来だそうです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。