上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然ですが、子供の頃の話です。

『川のいきものたち』 という図鑑を持ってました。
お気に入りの本で、どこへ行くにも小脇に抱えていた記憶があります。
その中の 『テナガエビ』 に憧れ、
『僕はいつになったらテナガエビになれるんだろう・・・』 と思ってました。
真剣だったので、結構なアホでした。

夢やぶれた現在も、エビが好きです。
食べるのも好きですが、見るのも好きです。
ウチの水槽にもエビがいますが、なかでも 『イソギンチャクモエビ』 がイイです。
DSC05978.jpg
エビはあまり長生きさせることが出来なかったのですが、
リフ槽のイソギンチャクモエビ3匹は、1年以上生きてくれてます。
愛着が出てきて、だんだん好きになっていきました。
螺鈿細工のような模様が綺麗です。


アマモリフですが、嬉しいコトにあの 『もわもわ』 が復活してきません。
『もわもわ除去作戦』 から約1ヶ月半、今のところイイ感じです。
DSC05972.jpg

嬉しいコトがもう1つあります。8月半ばに植えた『ウミヒルモ』ですが、
消え去ったと思っていた砂地から、ちょろちょろと新芽が出てきました。
DSC05961.jpg
水槽の前景がこのウミヒルモで埋め尽くされたらスバラシイ。
育つかどうか分からんケド・・・

残念なコトもありました。
増えたと思って喜んでいたアマモの新株が消滅してしまいました。
8月30日。
DSC05706-a1.jpg DSC05709-a.jpg
ランナーではなく、根元から枝分かれのようにして新たな株が発生していたのですが、
綺麗さっぱりなくなってしまいました。

アマモに関しては、メネデールなどの『活性剤』や、水草用の『底床肥料』など、
試してみたいモノはあります。
でも、底床肥料の 『テトラクリプト』 には窒素が含まれているらしいし、
『メネデール』 はFe以外の成分がはっきりしません。
基本的にはサンゴ水槽に対してのアマモリフジウム水槽なので、
サンゴ水槽内で発生する養分の範囲内で育成したいと思うところがあります。

アマモのためにサンゴ用添加剤を使うのは、自分ルールでOKってコトにしてるので、
今はブライトウェルの 『ポタシオン(カリウム)』 を入れてます。
アマモのコトを考えると、やはり 『Fe』 も気になります。
そんな今日この頃です。


Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/109-2010abbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。