上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ながらく更新サボっておりました。
『ちょくちょくのぞいてやってるゼ』という方々、スミマセンでした。
更新サボリ中は色々やりましたが、中でも『ヤスジチョウ』の世話が大半でした。

新アマモ水槽(予定)にて。サイズは約4センチ。
3_20091031121610.jpg

長らく放置状態だったトリートメントタンクに、
砂とライブロックを入れて『アマモ水槽』にしようとしたとたん、
トリートメントタンクの必要な魚を買ってしまうという・・・アホなコトです。

というコトで、新たにトリタン設置、アサリ・ハンバーグ・冷凍餌などを用意して、
この『ヤスジチョウ』を迎えました。

*トリートメント
トリートメントは、17リットルの水槽に外掛け濾過で1週間行いました。
この間、粒餌からアサリまで試しましたが、何も食べませんでした。
アサリと冷凍ハンバーグを試し始めてからは、毎日8~9割の水換えをしました。
観察してると、口の辺りを痒がるようなしぐさが見られました。
何も食べてないのに口をバクバクやってるし、底に擦り付けたりもしてました。
よー分からんけど、淡水浴を1回(2分)とGFG浴を3日間しました。
どちらも中途半端だったかな・・・

*水槽へ
ヤスジの入海に備えて、『アマモ水槽(予定)』と『さかな水槽』を連結させました。
薬浴など、『さかな水槽』を仕切ってヤスジを移すコトがあるかも知れないので、
『さかな水槽』の掃除も兼ねて、8割換水をしました。
連結の図。                     綺麗になった『さかな水槽』。
DSC06218.jpg 2_20091031125346.jpg
1週間のトリートメントを終えたヤスジチョウを、『アマモ水槽(予定)』へ入れました。
食べてくれるかも・・・と思い、サンゴ水槽からオオタバを移動。
ヤスジは翌日からアサリを突付き始めましたが、
ミンチの方が食べやすそうな気がしたので、ミンチにしました。
ミンチにするついでに、ハンバーグやブライン、粒餌なども混ぜてみたり・・・
なんか楽しい。

*口が・・・
水槽へ移して数日後、口がおかしい。
何も食べてないのに、スゴイ勢いで頻繁にバクバクしてるし、
岩やアサリの殻で口の辺りを擦っている。
よく見ないと分からない程度ですが、口の一部がめくれた様になってました。
綿みたいなのが付いてるようにも見えたし、鰭にはリムフォ(?)・・・
ここで2度目の淡水浴(3分)と、その2日後に3度目の淡水浴(4分)をしました。
淡水浴をするとドッと疲れる飼い主ですが、魚はもっとシンドイのかな・・・
3度目の淡水浴以降、鰭のリムフォと口を痒がる仕草がなくなりました。
効いたのか?

*粒餌練り
水槽に入れて4~5日、アサリの殻を入れると飛んでくるようになったヤスジ。
試しに、水で練ってペースト状にした粒餌に、
アサリなどのミンチを少量混ぜたものをアサリの殻に塗りつけて与えてみると、
普通に食べた。
それ以来ずっとこの餌を与えてますが、最近は食べる量が増えてきました。
半分ぐらいは飼育水中にバラけてしまってる感じがしますが・・・
餌投入直後。                    4時間後。
DSC06228.jpg DSC06249.jpg
餌4時間も入れてて大丈夫か・・・?
だいたい3~4時間で、残ってても取り出してます。
今は1日に2回、こんな感じの給餌をしています。


と言うわけで、現在に至っているヤスジチョウです。
ウチに来て2週間ちょいになります。
心配していた『口がおかしい件』については、解決したように思います。
めくれ上がっていた部分も治りました。
でも背肉が落ちてしまっているので、まだまだ心配です。
無題-24bitカラー-01

最近お腹がふっくらしてきた様に思えるのですが、お腹がどこなのかイマイチ分かりません。
顔の後ろの胸鰭辺りがふっくらしてきてる様に思うけど・・・
背肉も徐々に戻ってくるコトを願っています。




Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/112-ff94e881
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。