上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.15 晩秋の小径。
半年間放置状態だったうちのメイン水槽・・・
いくつかのミドリイシがダメになり、生き残ったミドリイシ達も不健康そうです。
急な大量換水や照明の変更は、弱ったサンゴには良く無いかなと思ったので、
少しずつ換水していってます。新たな照明として使う予定のLEDも準備中。

リフジウムのアマモは、目標だった『ランナーによる増殖』にはほど遠い感じ。
1年前の画像と比較してみます。
1年前。
DSC05972.jpg

今・・・(汗)
DSC07403a.jpg

(汗)しか出ないゼ。。。

スゴイ勢いでコケがはえてるので、栄養分は充分あると思うんだけど・・・
前回の記事アップ後に掃除したサンゴ水槽の壁面ですが、
10日ほどでワッサ~ってなりました。
DSC07355a_20101114105247.jpg
水流噴出し口がつくる影の部分だけコケがはえておらず、道が出来ております。
晩秋の風情・・・

サンゴ水槽の照明をLEDに交換する予定ですが、そうしたら今使ってるSCが余るので、
マリンブルー集光でドカンとアマモに光を当ててみたらどうなるかなぁ・・・
とか思ってますが、交換球高い。
サンゴ用のLED代だけでヘロヘロになってます。


話かわって・・・サンゴ水槽用のLED照明(スポット)を買うにあたって、
どうしても照度計が欲しかったので、アマゾンで3000円のヤツを買いました。
正確な照度を測りたかったわけではないので、安モンで充分。
僕が知りたかったのは、
LEDスポットの照度がどれくらいの期間でどれくらい下がるのか・・・です。
あと、2年半使ったスーパークール・アクアブルー散光の照度と、
新たに使用する複数のLEDスポットの合計照度との比較。
現在使用中のSCアクアブルーの照度に比べて、
新たにセットするLEDスポットの合計照度が高すぎることのないように、
最初は慎重にいこうと思ってます。

波長については、おもしろい~♪のが入手できそうなのでまた記事にします。

現在の手持ちLEDは、やどかり屋さんの閃光Ⅱ白と、Ledio9青です。
一体レンズに惹かれました。
DSC07395.jpg

まず手始めに、このLED2種の合計と手持ちのSCアクアブルーで、
どれくらいの照度差があるのか30センチで測ってみました。

SCアクアブルー散光・2年半使用したもの。(レンジが違うのでモニターの桁がちがいます)
真ん中。27100ルクス              ちょっとずらす。12070ルクス
scabw30a.jpg es+l9b30c.jpg

閃光Ⅱ白+Ledio9青。こんな感じで各々ちょい斜めから照射。
es+l9b30a_20101114133222.jpg

真ん中。17100ルクス              ちょっとずらす。10900ルクス
es+l9b30b.jpg scabw30b.jpg

素人が安モンの照度計で計測してますので、数値自体はあまり信用してません。
上にも書きましたが、この照度が正確かどうかではなく、
どれくらいの差があるのかを知るための計測です。
手持ちのSCに対して、LEDの照度が高くなりすぎないか心配でしたが、イイ感じでした。
これならLEDを多灯して、イイ感じの照度で水槽全体を照らせそう。
LEDはあと4個欲しいです。ちょっとづつ買い足していこうと思ってます。

LEDのおかげで、久しぶりにアクアテンション上がってまふっ。



Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/125-31291f01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。