上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひと月ほど前、新しくさかな水槽をセットするために、
押入れから600ワイドのガラス水槽を引っ張り出してきました。
安く上げることを条件に、濾過をどうするかあれこれ悩んでました。
ガラス水槽の底に穴をあけてOFにするのがいちばん魅力的だったのですが、
以前6ミリ厚のガラスに穴を開けてサイドフロー加工したときに、
こんな加工はもう二度としないぞっ!と心に誓ったのでした。
ダイヤモンドホルソーは音が凄くて、
マンションの一室で加工するには大きな肝っ玉が必要でした。

結局、いちばん安く上がってろ材量も稼げるのは、
自作の上部フィルター+底面+外部フィルターってことになりました。
外部は淡水やってたときのがあるのでお金はかからない。
底面は経験が無く、メンテの方法がいまいちよく分からないので悩んでます。

とりあえず、でかい上部フィルターを自作しました。
サイズは600×200×250。
外部フィルター用に、給水と排水の配管も組み込んでます。
DSC08047cc.jpg

DSC08087cc.jpg


作りながら、濾過槽の前面と底面の接着面が危険すぎることに気付きました。
背面は水槽本体の背面ガラスの上にのるから大丈夫だけど、
前面はどこにものらず宙吊りみたいな感じだから、たわむんじゃないか・・・
たわもうとする力が濾過槽の前面と底面の接着を引きちぎるんじゃないか・・・
大丈夫か!?
対策はしてみたけど・・・大丈夫かどうかはやってみないと分からない。

対策1・10ミリ厚のアクリルを縦にして底に貼り付けた。
対策2・接着面どうしをアクリル板でさらに接着。
DSC08051.jpg

とりあえず、濾過槽にだけ水を入れて様子みてます。
今のところ大丈夫そう・・・
でもずっと使い続けるものだから今だけ良くてもね・・・


エーハイムの外部フィルター。
DSC08042.jpg

エコシリーズ(?)のL。
5年前ぐらいに、アフリカンシクリッドを飼ってたときに使ってたものです。
海水でも1年ぐらい使いました。
3年ぶりぐらいに押入れから出して稼動させてみましたが、
まったく問題なく動くし、音もホントに静かです。
エーハイム素晴らしいな!
中はバイコムバフィーと還元濾過BOXにする予定です。

横の水槽は、450・300・450(H)の水槽。
台は900で作ったので、こいつも乗せれます。
内容は決まってませんが、トリタンかアマモになると思います。




Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/142-e2fc0996
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。