上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンゴ水槽の照明をあれこれ考えていました。
LeDio・RS122のリーフホワイトやフレッシュホワイトは素晴らしいと思うけど、
400nmや420nmの波長が含まれていない。
これをバイタルウェーブで補うと、合計としては予算オーバーになってしまう。
なので、サンゴ水槽の照明を自作してみることにしました。

上手く作ることが出来れば安くて内容の充実した照明が手に入りますが、
デンキ関係はド素人なので上手くいくかどうか・・・
ちなみに以前制作した『さかな水槽』のLED照明は、
入門書の「作ってみようのコーナー」にあった内容をそのまま作りましたが、
それでも四苦八苦しました。


そんなわけで現在手元には色々なパーツが揃いつつあります。
でもパワーLEDなんて触ったこともないので、ぶっつけ本番では心配です。
なので1.023worldのエイジさんのブログを参考に、
市販のスポットを使って『太陽光ブレンドもどき』の制作に挑戦してみることにしました。
現在も使用中の『太陽光ブレンド7W』にブルーと420nmを足したものになります。
400nmは手持ちの素子が1Wしかないし、基板にくっ付いてるので今回は無し。
CWとブルーはベースのライトに付いているものを流用しますが、
この辺の詰めがあまいので『太陽光ブレンド"もどき"』です。

ベースはコレ
1_20120913230753.jpg 3_20120913230812.jpg
 
実測の消費電力は20.8Wだそうです。
綺麗につくっているなぁ。

交換する素子を外しました。
4_20120913230821.jpg

サンゴ水槽の照明用に350mAのシアンの素子は用意してるけど、
このスポットは1灯につき350mA以上の電流が流れているので使えない(?)
なのでこんなの用意してみました。
5_20120913232714.jpg

LUXEON Rebelシアン505nm。RS
よく分からないけど、こんなにちっちゃいのに1000mAも流せるなんてスゴイ。
これはリフローというヤツをしないといけないのかな?知らずに買ってた・・・(汗)
せっかく買ったので、ダメもとで挑戦してみる。
基板はエルパラで。

下の方の2箇所は+と-。上の方のヤツは放熱?
基板にはんだをのせた後にヤスリで削り、平らにしつつはんだの量を減らす。
6_20120913233946.jpg 7_20120913233945.jpg

はんだこての先っちょを抜いたヤツで1~2分ぐらい炙ってみたらはんだが溶けた。
いちど冷ましてから、今度は素子を載せて炙ってみた。
8_20120913233943.jpg 10_20120913233941.jpg

ついた!
9_20120913233942.jpg

素子と基板の間に隙間がある(汗)
点いたとしても放熱が不十分ですぐに壊れてしまいそう・・・

試しに点灯させてみたいけど、ここで謎のメカ登場。
12_20120913235442.jpg

このちっちゃいので1WのLEDが1~3個点灯できるというシロモノ。
入力12Vとあったので、出力12Vの記載があるテトラのファンのヤツに繋いでみた。
11_20120913235457.jpg

ついた!
13_20120914000022.jpg

思ってたよりちょっとだけ緑がきつい。

高さを合わせるためにスター基板をひいて、放熱シリコンでくっ付ける。
14_20120914000256.jpg

あとは放熱シリコンで全ての素子を取り付けていき、レンズとの位置を合わせて放置。
シリコンの硬化後にはんだ付けをしました。
15_20120914000707.jpg 16.jpg

点灯。
19_20120914001421.jpg

nwとwwはエイジさんが『太陽光ブレンド』で推奨している
Seoul Semiconductorの42180というヤツ。秋月
420nmはAC-RCかEPILEDSかよくわからないけど、
同ブログでお勧めになってたヤツだと思います。
シアンはPhilips Lumiled-LUXEON Rebel505nm。

上にも書きましたが、費用をケチってCWとBLUEはもともと付いてたヤツを流用しています。
なので、LEDスペクトラ(超楽しい)でスペクトルが調べられないのが残念です。

なんとか完成しましたが、
LUXEON Rebel素子の基板への取り付けがあまそうだからいつまでもつか・・・



Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/155-ce4e98bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。