上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚水槽を作り始めて3日目。
実際に水を入れてみて、不具合を調整していきます。

まず、スリットの間に穴を開けました。
srk.jpg
これでウールマット上の傾斜をつけたパンチボードに
満遍なく水が行き渡る様になりました。
で、この傾斜はやっぱり急すぎた・・・。
左が調整前、右が調整後、ぜんぜん違ったデス。
ks1.jpg ks2.jpg
前回の記事では、「三角棒で調整・・・」と書きましたが、
上手くいかなかったので新しく作り直しました。

次に、排出口を二手に分けました。
elb.jpg
ポンプはRIO800を使うのですが、けっこう水流が強いのと、
スリットの前に水流があると、餌が吸い込まれにくくなるかなと思ったので。

あとは悩んでいたろ材のスノコの穴ですが、穴を大幅に増やしました。
コメントで「ろ材内の通水は目詰まりによって変化する」 と教えていただきました。
ろ材内に通水のムラがあっても
通水の良い部分は早く目詰まりを起こし、その他の部分にも水が回る様になる、
だからろ材のスノコは通水性を良くしておけばいい・・・
(と思ってますが、間違ってたらアホですいません)

ろ材をいれてみた。
rz.jpg
手持ちの小豆大サンゴ砂が6L弱入りました。
ろ材に関してはまだ検討中・・・6Lもいるか?とか、
ネットを使ったり、リング状ろ材を混ぜた方がいいかな、とか思ってます。
(勢いでムダに入れてしまった)

とりあえず完成。
ライトは手持ちの2灯式蛍光灯。濾過槽上部には黒い蓋がしてあります。
DSC01625.jpg

これでメインのカクレの引越し先が出来て、
メインでの「小型ハゼ無給餌飼育計画」を進めていくことが出来ます。

この魚水槽では、初めての小型ヤッコとラスの飼育に挑戦したいです。。
種類は未定、購入時期も未定、しばらくはカクレカクレ♪


今回の作業メモ
1.むき出しになる部分の塩ビ板は面取りしないと血が出る。
2.テンションが高いとムダな事をしてしまう。
3.マッキーをスグに見失う(油性マジック)。
  
  
Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/20-6a14bf4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。