上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日ウミアザミが死にました。
DSC01569.jpg
モアモアになりました・・・(-人-)ナム。

配置を変えてから調子を崩し、そのままゆっくりと死んでいきました。
それまでは、ソフトコーラルの中で一番元気だったのに・・・。
チビケヤリがニョキニョキ出現していたことは、
ウミアザミの生死には関係していないと思ってます。
関係しているとしても、ウミアザミが死ぬ水槽であることには違いない。
ヘコむ。

トサカたちは若干「ムチッ」としてきたような気がしてます。
DSC01512.jpg

ミドリイシは・・・ポリプは開いてるけど、調子の良し悪しを見るのは難しい。
色艶、基部の共肉など総合的に判断しないといけないらしいけど、眼力なし。
セット時に折れて枝打ちしたヤツが元気なのと、
その折れた部分(矢印)が復活しているので、そんなに悪くはないように見える。
siro.jpg

ツツウミヅタとオオタバは元気。
サンゴ槽とレフ槽の全体。
40.jpg ref40.jpg
セットして約4ヶ月、ちょっと気になる事が・・・。
レフ槽の正面以外の壁面は、セット以来一度も掃除をしていません。
サンゴ槽の右面と奥面は一度だけ掃除しました。白い粒々はチビチビケヤリ。
石灰藻が出ない。微塵もない。4ヶ月なら出てもいいはず・・・と思ってますが・・・


セット時、新しいライブロックは買わなかったし、ライブサンドも使わなかった(ケチった)。
立ち上げ自体に失敗したわけではないけど、
4ヶ月経過した水槽の現状を見てると、イケてないなぁと感じる。
ウミアザミが死ぬ、石灰藻が皆無、レフのアマモは減退気味。

先日、あるブログでこんな文章を読みました。

「水槽は生き物を入れる箱ではなく、水槽自体が生き物」 

自分の水槽を「生き物」として眺めてみると、生命力が希薄に感じる。
はやくサンゴやアマモを追加したいと思っていたし、
そろそろ追加しようとテンションも上がってきてた。
でも、その前にライブロックを入れ替えるか、追加したほうがイイような気がする。
それによる生物層の底上げと、レフの底砂の熟成を視野に入れておかないと、
いきいきした水槽にはなっていかない様に思う。

プランクトンパックとベントスパックは少し前に投入したけれど、
ナチュラルシステムを立ち上げるのに2~3年使用したライブロックが少量では、
根本的に無理があったような・・・
はぁ~、ライブロックは高いからナ・・・当分サンゴ無理。

先のブログにはこんな事も書かれていた。
「アクアリウムに最も必要なのは忍耐」

しみるナ。。。


Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/23-7d1f9d6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。