上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチのサンゴ水槽には、カニとウミケムシがたくさんいます。

カニはおそらくイソガニの仲間で、
ライブロックを入れている水槽でよくみるヤツだと思います。
サイズは大きいので甲羅が1センチぐらい。
まぁまぁ好きなので放っておいてます。
っていうか、捕まえるの無理。

そんな中、ミドリイシの共肉を食べるというキモガニらしき生物がいるのを
前々から確認していました。
去年暮れに買った深場のミドリイシに付いて来たものです。
ずっと観察していたのですが、ウチにあるミドリイシを次々に渡り歩いていました。
ウチのミドリイシには、小さな枝打ち固体を除いた全てに共生カニがいるので
そいつに追い出されていたのかなと思います。

最後にたどり着いたのは、共生カニがいない枝打ちの小さなミドリイシ。
やっと見つけた安住の地。。。
DSC02849-1.jpg 無題-24bitカラー-01
しかし皮肉な事に、飼い主的には捕まえやすい絶好のポジション。
サンゴごと取り出して、キモガニ(?)だけリフへ投入。


ウミケムシもたくさんいます。
餌を撒くとワラワラと出てきます。気持ち悪いですが、
残餌処理に役立っているようです。

カニとは違い、ウミケムシは別に好きでもなんでもないので、
もし捕まえたとしたら捨てます。
でも面倒くさいので捕まえてませんでしたが、
そんな事は言ってられない大物を発見してしまいました。

1円玉と・・・。クリック注意!

uk_20090124235424.jpg

世間的にこれがデカイのか、そうでもないのかは分かりませんが、
ウチで見るウミケムシの中では、このでかさはエグイです。

捨てました。
ナム。


Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/52-6fe1054b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。