上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の記事で取り上げた「ナニ」。
無題-24bitカラー-011

コレに寄生されていた株を抜きました。

リフ1 DSC03030.jpg
半分以下になったけど、
健康そうなヤツだけが残っているのでなんかシックリくる。

こうやって見ると、前はアマモを植え込む密度が高すぎたかもしれない。
どれぐらいの密度が適正なのかは分からないけど、
栄養や照明など、その環境に適した密度というのがあるはず。
当たり前のことだけど、今まで考えてなかった。

抜いたアマモ。
根張りは良くて抜くのにも結構力が要ったけど、
ランナーはまったく伸びていない(植え込んで3~4ヶ月)
DSC03013-1.jpg    DSC03018.jpg

今後はアマモの密度を押さえ気味にする予定。

それと、ちょっと気になる事があります。
「リュウキュウスガモ」として流通しているアマモの中に、
「リュウキュウアマモ」が混じっているのでは?・・・ということ。
よく似た名前だけど、「リュウキュウスガモ」はトチカガミ科の植物で、
「リュウキュウアマモ」はベニアマモ科とかシオニラ科と記載されていたりする。
よく分からないけれど、「科」が違うということは結構な違いがある様な気がします。

この2種は葉の形がほとんど同じで見分けが付きにくいらしい・・・
葉の根元である葉鞘(ようしょう)に古い繊維があるかどうか、
ランナーに節があるかどうかで見分けるのだそうです。

リュウキュウスガモの特徴
*葉鞘に茶色い枯葉の繊維が付くこと。
*ランナーに茶色の薄皮を被せたような節が多くある。
リュウキュウアマモの特徴
*葉鞘に古い繊維が無く、白くて逆三角形であること。
*ランナーに節が無いか、リュウキュウスガモに比べて少ない。
*葉に縞模様がでることがある。


これまで4回、それぞれ別のショップで「リュウキュウスガモ」を注文してきましたが、
同じとは思えないほど見た目が違う物が届いていました。
2件は葉鞘が古い繊維でびっしりでしたが、
もう2件から届いたアマモの葉鞘にはそれが無くて逆三角形でした。
これは「リュウキュウアマモ」っぽい。

左写真の葉鞘には茶色の繊維がありますが、右写真の葉鞘はそれが無く逆三角形。
DSC03032-1_20090127092003.jpg DSC03031-1.jpg

左の写真のヤツを抜いてみた(植え込んで8ヶ月)     ↓リュウキュウアマモ疑惑のヤツ。
DSC03037-b.jpg DSC03017-c.jpg
葉鞘が逆三角形とそうではないことが分かるし、
古い繊維の有無も確認できます(購入当時からこんな感じ)。
根の形状や生え方が違うのは予想外だったけど、
別の「科」の植物だとすると納得がいきます。

リュウキュウスガモの分布は
太平洋やインド洋の熱帯域との記述を読んだ事があったので、
購入当時は「産地の違いかな・・・」と思ってました。
今でもその可能性はあると思っていますが、「リュウキュウアマモ」である可能性も
否定できないと思っています。

飼育に関しては、ベニアマモやリュウキュウアマモは強照明を必要とし、
リュウキュウスガモは蛍光灯でも飼育可能とされている印象があります。
実際、アマモ飼育の様子をネットで見てみると、蛍光灯で飼育できている
人もいますが、上手くいかない人もいます。
上手くいかない理由のひとつとして、そのアマモが「リュウキュウアマモ」
である可能性があると個人的にはチョット思ってます。

ウチには「これ絶対リュウキュウスガモ」ってヤツと、
「リュウキュウアマモっぽいな・・・」ってヤツの2種類がいます。
生育状況はドッコイドッコイですが、生存率は前者のほうが高いです。
でも全体的な印象からすると、リュウキュウスガモであろうがリュウキュウアマモであろうが、
ウチの水槽ではイマイチです(・・・!?)

次に追加分のリュウキュウスガモを注文するときは、
葉鞘に枯葉の繊維が付いている方にしてみます。

いちばんイイのは、アマモが根付いた砂ごと売ってくれる
「ブルータンク」さんで買うことなんだけど、
以前に音信不通の期間があって「もうやってないのかな」と思ってました。
水槽をセットしてしばらくしてから営業されている事を知りましたが、
その時はもう底砂をセットしてしまっていたので・・・残念。



メモ1。
「リュウキュウアマモ」を「リュウキュウスガモ」として販売している店が、
もしあったとしても、そのことについてとやかく言うつもりはないし、
そういうつもりでこの記事を書いているのではありません。
と言うか、トレード名と生体の正式な名前が一致しないコトって・・・わりと普通に
あると思います!
メモ2。
今回の記事は、ネットで寄せ集めた情報と個人的な意見を絡ませたものです。
信憑性はありません。
メモ3.。
それなのに長くてすみません(爆)


Secret

TrackBackURL
→http://kumozaru123.blog87.fc2.com/tb.php/53-2ad337a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。